スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- | スポンサー広告 | page top↑
ミド石2 喉元過ぎれば不安もごっくん
2008 / 07 / 03 ( Thu )
※今までの「ミドリンと患者の石」はコチラ
1 プロローグ 赤い水



☆ミドリンと患者の石 2 喉元過ぎれば不安もごっくん


38+1.jpg



38+2.jpg



38+3.jpg



38+4.jpg

そんなこったろーと思ったよ。




38+5.jpg

んもー!どうなるのミドリンっ!







ぽちーっとよろしくたのむばい。



14 : 44 | ミドリン | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
<<ミド石3 嘘つきはミドリンのはじまり | ホーム | ミドリンと患者の石1>>
コメント
*  *

なんて親切な看護師さん!
わざわざ来てくれるなんて、驚きです。
ミドリンのその後が気になるぅ。
by: 赤ぱんつ * 2008/07/03 * 16:06 * URL [ 編集] | page top↑
* どうも^^ *

ほんっとー!親切ですねー!看護婦さん!驚き。

ミドリン何事もないといいですが。
by: emo * 2008/07/04 * 01:03 * URL [ 編集] | page top↑
*  *

>赤ぱんつさん
「世話をやくほう」「やかれるほう」
という2タイプに分けたとすると
ミドリンは間違いなく後者なんですよねー。
どこでもわりと気にかけてもらえてるようです。

この看護婦さん通勤途中に寄ってくれたんです。
ありがたいことです。


>emoさん
ちなみに看護婦さん
「ほんとは守秘義務とかあるんですけど‥実は
検査結果、あまりよくなかったようなので早めに来て下さい!」
ってかなり心配して来てくれたみたいなんです。

年寄りって、味覚とかも鈍るじゃないですか?
あれと同じで、自覚症状も感じにくかったりするので
なんともないと平気で病院ばっくれるんですよね~。
by: マーゴ * 2008/07/04 * 08:37 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://midolog.blog95.fc2.com/tb.php/51-bfa8d921
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |